So-net無料ブログ作成

スマホ料金節約の格安SIM、始め方を簡単に解説します。 [格安SIM]

スマホ料金を節約するなら格安SIMカードを導入すると良いでしょう。

月額1000円以下でスマホが維持できる格安SIMは大手キャリアの半額以下の利用料金です。

しかし利用するには自分で簡単な設定をする必要があります。
といっても難しい事はしません。慣れれば簡単にできる事です。
それぐらいの労力でスマホの利用料金が安くなればかなりお得だと思います。

今回は格安SIMカードの利用方法を簡単に説明していきます。

1、格安SIMカードを購入します。
店頭で購入するタイプとネットでパッケージを購入するタイプに分かれます。
注意事項はスマホによりSIMのサイズが異なりますので確認して購入してください。
標準サイズ、マイクロサイズ、ナノサイズの3パターンあります。

2、PCでサイトにアクセスし、SIMの契約をします。
名前、住所、プランの選択等必要事項の入力で完了します。

3、スマホにSIMカードをセットして簡単な設定をします。
スマホにSIMカードを装着します。端末により装着場所が違います。スマホのマニュアルをみればセットする場所が記載されています。
セット完了すれば電源をいれてスマホで設定をおこないます。
スマホの設定を選択し、「無線とネットワーク」、「その他」「モバイルネットワーク」「アクセスポイント名」の順に移動します。
そのなかにAPNの追加という項目があります。
こちらに接続先の情報を入力します。
購入した格安SIMのマニュアルも見れば必要な情報が記載されています。

入力が終了すれば保存して、作成したAPNを選択すれば完了です。

ここまでできればスマホが使えるようになります。

必要に応じてMVNOの専用アプリやIP電話サービスを導入しましょう。

備考
格安SIMの支払いはほぼクレジットカード払いになります。
もしもっていない方は一枚作っておくと良いでしょう。

格安SIMの支払い以外でも必要不可欠な出費をできるだけカードにまとめてください。
それにより、現金同様に利用できるポイントがたまりますので、スマホ利用料金及びカード利用でも節約できます。

おすすめは楽天カードです。
楽天市場で利用できる1ポイント=1円のポイントが利用できます。
入会すると何千ポイントがもらえます。
端末をもってない方はもらったポイントを利用してスマホ端末を購入しても良いでしょう。



「ブログ応援して頂ける方はポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります」

トレンドニュース ブログランキングへ


格安SIMおすすめ記事
スマホ月額約500円サーバーマン対ワイヤレスゲートどっちがお得 
格安SIM月額1600円から。音声通話プランがお得
格安SIM高速通信一日制限プラン比較。
格安SIM高速通信1GBプラン比較 
格安SIMで音声通話のできる月額約500円スマホを作成
利用方法によっては最安SIMに。BB.exciteを比較します。









格安SIMのガチンコ対決。月1GB高速通信Wi-Fiスポット利用可能プラン比較 [格安SIM]

格安SIMのガチンコ対決。高速通信プラン比較

今回の格安SIMのガチンコ対決は、月額900円(税抜き)で高速通信1GB、さらに有料Wi-Fiスポットが無料で利用できるオススメSIMカード、ビックローブとビックカメラ「BIC SIM」を比較していきます。

スマホが月額1000以下で利用できる格安SIMですが、一ヶ月で通信量が割り振られるプランは、月額1000円以下で高速通信1GBできるプランが主流になっています。

その中でも特にこのMVNO2社がおすすめな理由は、有料Wi-Fiスポットが利用できる事と専用アプリが充実している事の2点です。

一つ目のWi-Fiスポットがお得な理由は、Wi-Fi接続中は月々の通信量にカウントされません。
つまり月1GBプランでありますが、実質は1GB以上の高速通信ができるということです。
しかも通常は利用するのに別途料金がかかります。

2つめの専用アプリの充実ですが、制限された通信量を上手に利用する「使い安さ」のサービスの充実度がSIM選択の基準に左右される傾向があります。

ビックローブの専用アプリ「オートコネクト」は利用したデータ通信量がアプリで確認できます。また利用可能なWi-Fiスポットがあれば自動で接続する機能もあり、自然と通信量を節約します。

またBIC SIMにも専用アプリがあり、任意に高速通信のオン、オフの切り替えができます。つまり高速通信が必要ない時は200kbpsの低速にしておき、高速通信量を節約できます。
これらのアプリは限りある通信量を効率良く使用する為に最適なサービスです。

ではこのガチンコ対決、どちらが勝者か。

正直、どちらもおすすめです。

2社の相違点としては、ビックローブはビックローブ会員の方は約200円の割引がついてきますし、ビックローブのメールアドレスが一つついてきます。
しかしアプリで自然と通信量を節約しますが、速度制限がかかると128kpbsとBICSIMより低速になります。

BICSIMは通信量が余ると翌月に持ち越せるのは魅力です。
だだしアプリにより任意に節約する必要はあります。
メールアドレスもフリーメールを自分で導入する必要があります。

初心者の方はビックローブ、自分で管理したい方はBICSIMが良いのではないでしょうか。

しかしどちらも1GBプランのなかでは際立っていることには間違いありません。


「ブログ応援して頂ける方はポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります」

トレンドニュース ブログランキングへ

公式サイトBIGLOBE LTE・3G


IIJ BIC SIMウェルカムパック SMS非対応 標準SIM 【ビックカメラグループオリジナル】

新品価格
¥3,229から
(2014/7/10 21:45時点)




格安SIMおすすめ記事
スマホ料金節約の格安SIM、始め方を簡単に解説します。
スマホ月額約500円サーバーマン対ワイヤレスゲートどっちがお得 
格安SIM月額1600円から。音声通話プランがお得
格安SIM高速通信一日制限プラン比較。
格安SIM高速通信1GBプラン比較 
格安SIMで音声通話のできる月額約500円スマホを作成





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。