So-net無料ブログ作成
検索選択

小保方氏と理研のどちらが信用を回復出来るかが問題ですね。 [最新ニュース]

小保方氏をめぐる問題が、とうとう大詰めを迎えつつあります。

理化学研究所は小保方氏の研究に対して、一体どのような見解を示すのかが焦点になっていました。

小保方氏を守るのか、それとも切ってしまうのかが見どころでしたが、予定通りに小保方氏の研究にたいしてNOを突き出しましたね。

個人的な見解は、理化学研究所が初めから小保方氏を追放させるように仕組んだことに思うのです。

小保方氏を使うことによって、理化学研究所はSTAP細胞の可能性を示唆することが目的で、そのあとの研究は理研がこなす予定だったということです。

始めからSTAP細胞はないとしていた理研が、わざと表舞台に小保方氏をさらすことで、見せしめとして世間から抹殺したと言えるのです。

そこに小保方氏の研究結果のノートがないことから、小保方氏が研究を成功させた事実がないということが発覚しました。

理研からするとここまでは、予想通りで仕組んだ通りになりましたが、そこから小保方氏の反発によって理研事態が追い込まれる結果になってしまったのです。

もし小保方氏に本当に科学者としての力があるのであれば、海外での研究で力を発揮して欲しいというのが本音ですね。

日本にいても研究出来る場所はないでしょう。

小保方氏にとっては幸いなことに、理研の対応に対しても多数の問題が出てきています。
どちらも信用度ということから考えると、ないに等しいのです。

信頼を勝ち取るためには、実績を作って行くしかないでしょうね。
残念ですが同じ釜からの研究成功ではなく、違う釜からの成功を見届けることしかないかもしれないですね。

「ブログ応援して頂ける方はポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります」

トレンドニュース ブログランキングへ






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。