So-net無料ブログ作成

ブラジルワールドカップで日本がギリシャと引き分ける [最新ニュース]

今朝、ブラジルワールドカップで日本にとって2戦目となるギリシャとの試合がありました。

結果は0-0の引き分けでした。

これで日本、ギリシャは勝ち点1となり、日本にとっては現実的に厳しいですが、最終試合の結果次第では両チームとも決勝トーナメントの進出の芽はまだ残りました。

試合内容を見て行くと、前半も終了間際ギリシャの選手がレッドカードをもらい退場となり、そこから日本は一人多い11人対10人での試合となったのですが、ギリシャの堅い守りを崩す事が出来ず、無得点で試合は終わりました。

やっぱり、体格で勝るギリシャの選手に日本の選手が吹っ飛ばされるシーンが何度か見受けられましたが、こればっかりは仕方がない事ですかね。

もともとギリシャの伝統的な戦法は、堅い守りで失点を防ぎチャンスと見ればカウンターでしかけてくると言うものです。

これが一人少ない10人での試合となったギリシャは、さらに守りを重視し失点を防ぎ、最悪でも引き分けでいいとの試合運びの印象を受けました。

かたや、日本は一人多い11人での有利なはずの試合でしたが、何度も攻め上がりゴールを目指したのですが、1点が非常に遠くに感じましたね。

私が見ていて思ったのは、ゴール前で張っているディフェンスを前におびき出すためミドルシュートを多めに打って欲しかったなと思います。

あそこまでガチガチにゴール前に体格で勝るギリシャの選手が揃っている状態では、いくら外から放り込んでも全部跳ね返されて終わりです。

また、背の大きな控え選手がいればその頭に期待して選手交代でFWで起用する手もあったと思いますがいなかったのですかね。

監督はこれを打開するために手を打ったのでしょうか。

可能性は低いですが、是非3戦目のコロンビアに勝って決勝トーナメントに進んでもらいたいですね。

「ブログ応援して頂ける方はポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります」

トレンドニュース ブログランキングへ







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。