So-net無料ブログ作成
検索選択

W杯開幕戦の西村主審に宇多田ヒカルが謝罪!この態度は立派と評価。西村主審の厳しい審判に大いに拍手を送りたい! [最新ニュース]

6月13日のデイリースポーツ 配信として、シンガー・ソングライターの宇多田ヒカルが13日、W杯開幕戦:ブラジル対クロアチア戦の主審:西村氏の判定に批判的なコメントをツイッターで記載したことを謝罪したと、Yahooニュースは伝えています。

西村主審の今回の判定に対しては、世界中で賛否両論の意見が巻き起こっています。

宇多田は、当初ツイッターで、クロアチアの皆さん不運な試合で日本人を嫌いにならないでと英語で呼びかけましたが、その後で、周りのサッカーファンの発言を鵜呑みにして失礼な冗談を書いてしまい西村さんごめんなさいと、日本語で謝罪したのです。

過ちと思ったら素直に認め直ぐに謝罪するという宇多田の今回の態度は立派だったと評価したいと思います。

今現在、西村主審に批判的意見を寄せている人は、宇多田と同じように直ぐに謝罪すべきです。

試合では審判の判断に従うのが当然です。明らかに誤審と認められる場合はともかく、今回のように微妙な場面では審判の判断が優先するべきだと思います。

実際にその場面を私も何度もビデオで見ましたが、クロアチアの選手がブラジル選手の肩に手を回してプレーを妨害しています。

相手の選手に手を触れるというラフプレーは厳しく処分し、気持ちのよいプレーを各選手が心がけるべきです。

今回の西村主審の厳しい審判には大いに拍手を送りたいと思います。それと同時にこの判定が今W杯の基準となり、ラフプレーのないファインプレーによる気持ちのよい大会になることを期待したいと思います。

「ブログ応援して頂ける方はポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります」

トレンドニュース ブログランキングへ






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。