So-net無料ブログ作成
検索選択

氷川きよしの本当の素顔とは [最新ニュース]



氷川きよしの本当の素顔とは

氷川きよしの20代である元マネージャーが、氷川きよしの言動に振り回されて、4月20日で何故職場を離れなければいけなくなった理由を解説致します。

氷川きよしが所属している長良プロは、「山川豊」や「水森かおる」らを有している、大手プロダクションの類に属しています。

2013年10月に長良プロに入社した元マネージャーは、2014年1月4日に氷川の担当になりました。元マネージャーの主な仕事は、氷川の自宅の掃除、洗濯や運転手でした。
氷川は、創価学科員であることでも知られ、学会の機関紙でもある「聖教新聞」の2013年元旦の一面を氷川は飾っています。

案の定、氷川は、元マネージャーに対して、創価学会への入信を勧めています。4月19日氷川は、学会芸術部の部長でもある岸本加世子と一緒に、巣鴨にある学会施設「東京戸田記念講堂」へ行きました。
この日の会議は、重要人物のみが参加する本部幹部会である事が確認されています。

3月8日、元マネージャーは、愛煙家の氷川から「タバコは何処だ」と怒鳴られました。更に3月11日には、ファンから差し入れられた氷川の大好物であるトマトの管理を巡って、元マネージャーは、氷川から何発もビンタを浴びせられました。

なぜ、氷川がこのような暴力沙汰をするようになった理由は、先代社長の長良じゅう氏が一昨年他界した事が原因といわれています。なぜなら、氷川は、この先代社長から溺愛されており、氷川の心の拠り所を失ったのが原因ではないでしょうか。

「ブログ応援して頂ける方はポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります」

トレンドニュース ブログランキングへ






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。