So-net無料ブログ作成

今話題の佐村河内守氏 バイオハザードとは? [最新ニュース]






ゴーストライター問題で一躍有名になった佐村河内守氏ですか、グーグルで検索してみると、佐村河内、バイオハザードとでてきますね。

佐村河内、バイオハザードとは何ぞや?と思って調べてみました。

佐村河内氏が作曲した(実際はゴーストライターですが)タイトルで有名なのは

「交響曲第1番《HIROSHIMA》」ですよね。

皮肉にもこの一連の騒動により売り上げが急上昇していますね。

オリコンによると、約2千枚を売り上げ、週間ランキングで前週の300位圏外から27位に浮上しているらしいです。

なおクラシック部門で1位になっているそうです。

その後すぐにレコード会社より回収されているのでこのわずかな回収前の期間で爆発的な売り上げたということなのですごいですね。

プレミアがつくことを狙って購入したのでしょうかね?

これ以外の佐村河内氏が作曲した(実際はゴーストライターですが)とされる「シャコンヌ」、「鎮魂のソナタ」もランキング圏外がら急上昇したみたいなのでこの話題の影響力は絶大ですね。

さて話はそれしまいましたがバイオハザードとは?

ゲームを全くしない方でも一度は聞いたことのある名前ではないでしょうか。
超有名なホラーゲームですね。

最近ではゲームにとどまらずミラ・ジョヴォヴィッチが主演の映画になったり、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの機関限定のイベントになったりしてますね。

佐村河内氏は意外にもゲームにも音楽提供していたみたいですね。

バイオハザードの『バイオハザードシンフォニーOp.91「CRIME AND PUNISHMENT」』以外にも、同じメーカーのカプコンの作ったゲーム「鬼武者」にも『交響組曲ライジング・サン』を提供しています。

2014年3月7日に会見していますね。
ゴーストライターの方との話と食い違いがあるようですがどうなるんでしょうか。

現代のベートーベンの今後に目が離せないですね。

興味のある方は是非聞いてみてください。
















格安simのガチンコ対決。 IIJmio音声通話パックを発売 [格安SIM]








格安simのガチンコ対決。

ほとんどの格安SIMはデータ通信のみで通話には対応していません。

前回は電話番号もついて通話もできる格安SIM”スマホ電話SIM フリーData”を紹介しましたが、今回は IIJmioより新たに音声通話SIMが発売されたので紹介します。


最安プラン料金は月額1,900円(税別)と別途通話料で利用できます。
なお音声通話料金は21.6円/30秒となります。

購入はイオン、ビックカメラグループ、コジマ、ソフマップ店頭及び関連ネットショップにて、先行販売開始しております。

またこのSIMカードは、データ通信及びSMSの送受信も可能です。

そしてIIJmioより4月より一部料金プランにて高速通信用データ量を増量発表しました。

最安プラン、「ミニマムスタートプラン」で1Gバイト、「ファミリーシェアプラン」で3Gバイトの通信量になります。

つまり音声通話付最安プランは1GB/月の高速通信できます。

しかもこのSIMはMNPもできますので電話番号そのままでSIMを利用できます。
いままでガラケーとの2台持ちしていた方は維持費を抑えたままで1台持ちにできるメリットがあります。

この音声通話機能付きSIMのウェブ申し込みは3月13日からスタートしますのでスマホの維持費を節約したい方は是非利用してください。







この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。