So-net無料ブログ作成
検索選択

格安simのガチンコ対決。U-mobile紹介 [格安SIM]

格安SIMのガチンコ対決

簡単に格安SIMとは?

ドコモの通信網を借りた業者=MVNO(仮想通信事業者)が提供するSIMカードの総称です。

白ロムと呼ばれるキャリアと契約していないスマホに通信SIMを挿入することによって(簡単な設定は必要です)気軽に運用することができます。

先日はOCN モバイル ONE を紹介しました。

このsimも大変お得ですが、今回は U-mobileのsimを紹介します。

最安プランは月額は714円とサーバーマンよりかは若干高くOCNより安いですね。

しかし最安でない分、OCN同様料金が高い分メリットがあります。

何と高速通信LTEで通信出来ます。

もちろん3G対応のsimもありますのでLTE対応のスマホでなくても
スピードは落ちますがFOMAハイスピードで通信出来ます。

つまりサーバーマンと違ってサイトに素早くアクセス出来ますよ。
イライラすることもありませんね。

ここまではOCNと同じです。

格安SIM U-mobileの制限は…

高速通信は月1GBまでとなっています。

しかも1GBを超えてしまうと月額2079円になる二段階定額プランになりますので

OCNと違って、月額料金が上がってしまうので、通信料に気をつけて利用する必要があります。

しかし高速通信1GBで、月714円は他のsimと比較しても最高のコスパですので、月1GB未満

しかスマホを使わないのであれば、迷わずこのsimを使うべきでしょう。

1GBの目安は以下の通りです。

ホームページ閲覧 約1,000ページ
メール送受信 約1万通
高画質 動画 約50分
低画質 動画 約4時間20分
※それぞれを30で割ると1日の使用量が逆算出来ます。
※ ホームページ閲覧:1MB / ページ、メール:1通100KB、高画質:ビットレート2.5Mbps、低画質:ビットレート512Kbpsで換算

自分の使用頻度と比べて上記を越えないくらいでしたら要検討ですよ。

格安SIMはこれだけではありませんので、他にどんなのあるのかなと興味を持った方は、格安SIMをまとめたホームページみてください。

スマホ節約術格安simでスマホ格安運用

いろんなプランをまとめたホームページです。参考にしていただければと思います

格安SIMおすすめ記事
スマホ料金節約の格安SIM、始め方を簡単に解説します。
スマホ月額約500円サーバーマン対ワイヤレスゲートどっちがお得 
格安SIM月額1600円から。音声通話プランがお得
格安SIM高速通信一日制限プラン比較。
格安SIM高速通信1GBプラン比較 
格安SIMで音声通話のできる月額約500円スマホを作成
月1GB高速通信Wi-Fiスポット利用可能プラン比較








格安simのガチンコ対決。OCN モバイル ONE紹介。 [格安SIM]

格安simのガチンコ対決

簡単に格安SIMとは?

ドコモの通信網を借りた業者=MVNO(仮想通信事業者)が提供するSIMカードの総称です。

白ロムと呼ばれるキャリアと契約していないスマホに通信SIMを挿入することによって(簡単な設定は必要です)気軽に運用することができます。

先日は格安SIM最安で月490円から使えるサーバーマンsimを紹介しました。

今回はOCN モバイル ONE を紹介します。

月額は980円とサーバーマンよりかは若干高いです。

しかし高速通信LTEで通信出来ます。

もちろん3G対応のsimもありますのでLTE対応のスマホでなくても
スピードは落ちますがFOMAハイスピードで通信出来ます。

つまりサーバーマンと違ってサイトに素早くアクセス出来ますよ。
イライラすることもありませんね。

ただし格安SIMはそんなうまい話しばかりではありません。
何かの制限がある代わりに月の通信費用を抑えているのが格安SIMです。

次がポイントです。

.OCN モバイル ONEは一日30MBまでしか高速通信できません

50MBを超えてしまうと…
通信速度200kbpsに速度制限されてしまいます。
それでもサーバーマンより速いです。
メールやスマホサイトなど軽度な利用は問題ありません。

そして一日経つとまたまた30MBまで高速通信出来ます。
通信制限はかかりますが月額利用料金は高くなることはありません。

毎日少しずつしか使わない方は利用料金を抑えれて、高速通信ができますよ。

注意30MBの目安

Webサイトの閲覧:約120ページ
テキストメールの送受信:約6,000通
動画の視聴:約15分
IP電話アプリ「050 plus」による通話:約120分

だいたいこれぐらい使えるそうです。

自分の使用頻度と比べて上記を越えないくらいでしたら要検討ですよ。

格安SIMはこれだけではありませんので、他にどんなのあるのかなと興味を持った方は、格安SIMをまとめたホームページみてください。

スマホ節約術格安simでスマホ格安運用

いろんなプランをまとめたホームページです。参考にしていただければと思います。

格安SIMおすすめ記事
スマホ月額約500円サーバーマン対ワイヤレスゲートどっちがお得 
格安SIM月額1600円から。音声通話プランがお得
格安SIM高速通信一日制限プラン比較。
格安SIM高速通信1GBプラン比較 
格安SIMで音声通話のできる月額約500円スマホを作成
月1GB高速通信Wi-Fiスポット利用可能プラン比較









格安simのガチンコ対決。ServersMan SIM LTE紹介 [格安SIM]


格安SIMガチンコ対決!

では格安SIMをおさらいします。


ドコモの通信網を借りた業者=MVNO(仮想通信事業者)が提供するSIMカードの総称です。

白ロムと呼ばれるキャリアと契約していないスマホに通信SIMを挿入することによって(簡単な設定は必要です)気軽に運用することができます。

最安で月490円からスマホが使えるプランがあります。

ServersMan SIM LTEという格安SIMです。

ServersMan SIM LTEの特徴は月490円の業界最安simです。

しかし通信スピードが…

下り最大150kbps/上り最大150kbps

めっちゃ遅いです

例えばスマホ用のサイトを表示させるとします。

LTEで通信すれば一瞬ですね~。すぐサイトが表示されます。

サーバーマンsimだと…だんだん表示されてきてまだ通信してるみたいな…

もうオッケーかなと思ったら…まだかい~メラメラ

まーこんな感じですね。多分使う頻度が多い方にはかなり辛いと思います。

だだし安いのでメール受信、送信であったり、アプリの中には要通信のアプリもありますし、使い方を限定すれば大分節約できますよ。

しかもアップ遅いわりにはLINEの通話もできました~

これは驚きました爆弾

相手WiFi 自分はServersMan SIM LTEで試してみました。ちゃんと話しが出来ました。

ただしその時は通信環境が良かっただけかもしれませんので過度な期待はしないで下さいね。
あくまで参考情報ということで…

ちなみにテキストは問題ありませんので。

ガラケーを持っていてちょっとスマホもちょっと使ってみたい方は維持費最安でスマホが使えますよ。

公式サイト サーバーマンLTE

格安SIMはこれだけではありませんので、他にどんなのあるのかなと興味を持った方はホームページみてください。


スマホ節約術格安simでスマホ格安運用

いろんなプランをまとめたホームページです。参考にしていただければと思います。

格安SIMおすすめ記事
スマホ月額約500円サーバーマン対ワイヤレスゲートどっちがお得 
格安SIM月額1600円から。音声通話プランがお得
格安SIM高速通信一日制限プラン比較。
格安SIM高速通信1GBプラン比較 
格安SIMで音声通話のできる月額約500円スマホを作成
月1GB高速通信Wi-Fiスポット利用可能プラン比較









格安simのガチンコ対決。楽天エントリープラン紹介 [格安SIM]


格安SIMガチンコ対決!


簡単に格安SIMとは?

ドコモの通信網を借りた業者=MVNO(仮想通信事業者)が提供するSIMカードの総称です。

白ロムと呼ばれるキャリアと契約していないスマホに通信SIMを挿入することによって(簡単な設定は必要です)気軽に運用することができます。

今回は 楽天ブロードバンドを紹介します。

楽天と言えばインターネットショッピングモール楽天市場が有名ですが、格安SIMも提供してます。

最安プランは月額875円のエントリープランです。

SIM利用料金は、最安ではありませんが、月額料金が他のsimと比較すると少し安くなっています。

もちろん高速通信LTEで通信出来ます。

もちろん3G対応のsimもありますのでLTE対応のスマホでなくても使えますよ。
スピードは落ちますがFOMAハイスピードで通信出来ます。

しかし、格安通信SIM楽天エントリープランも制限があります。

高速通信は月300MBとなっています。

月300MBを超えてしまうと速度制限がかかり100kbpsにになります。

しかし速度制限はかかるものの月額利用料金は上がることはありません。

3月6日現在初期費用の事務手数料が無料のキャンペーンやっていますのでお得ですよ。
期間は3月12日までですが結構頻繁にやっているので終了してもまた機会があると思います。

別プランで945円で月500MBまで使えるプランもあります。

こちらは月500MBの通信量を超えると通信スピードが256Kbpsに制限されます。

こちらは他社の同額のプランと同等のサービスとなっています。

500MBで出来ることは下記の通りです。

【WEBページ】
約2100ページ分(スマホ版Yahooトップページ相当)

【メール】
約10万通(300文字程度のテキストメール相当)

動画
約250分(解像度360pの動画1分2MBで計算)

【地図】
約700ページ分(東京23区内データの732KB/ページで計算)

上記のデータを参考にして下さい。

自分の使用頻度プランを選択すると大変お得に使えます。

格安SIMはこれだけではありませんので、他にどんなのあるのかなと興味を持った方は、格安SIMをまとめたホームページみてください。

スマホ節約術格安simでスマホ格安運用

いろんなプランをまとめたホームページです。参考にしていただければと思います

格安SIMおすすめ記事
スマホ月額約500円サーバーマン対ワイヤレスゲートどっちがお得 
格安SIM月額1600円から。音声通話プランがお得
格安SIM高速通信一日制限プラン比較。
格安SIM高速通信1GBプラン比較 
格安SIMで音声通話のできる月額約500円スマホを作成
月1GB高速通信Wi-Fiスポット利用可能プラン比較






格安simのガチンコ対決。BIC SIM紹介 [格安SIM]


格安SIMガチンコ対決!

今回はBICSIMというビックカメラより発売中の格安SIMです。

簡単に格安SIMとは?

ドコモの通信網を借りた業者=MVNO(仮想通信事業者)が提供するSIMカードの総称です。

白ロムと呼ばれるキャリアと契約していないスマホに通信SIMを挿入することによって(簡単な設定は必要です)気軽に運用することができます。

それではBIC SIMを説明します。

最安プランは月額945円のミニマムプランです。

他のsimの利用料金と比べて、最安ではありませんが、かなり安いですね。

もちろんこのsimも維持費は安いですけど

高速通信LTEで通信出来ます。

もちろん3G対応のsimもありますのでLTE対応のスマホでなくても使えますよ。
スピードは落ちますがFOMAハイスピードで通信出来ます。

つまりこのsimもサイトに素早くアクセス出来ます。
イライラすることもありませんね。

しかしこの便利な格安通信sim BIC SIMも通信量に制限があります。

高速通信は月1GBとなっています。

月1GBを超えてしまうと速度制限がかかり200kbpsにになります。

しかし速度制限はかかるものの月額利用料金は上がることはありません。

しかもこのsim最大の魅力は公衆無線LAN Wi2が無料で使えます。
公衆無線LANで高速通信できますし、BIC SIMの高速通信量を抑えることもできます。

さて500MBってどのくらい使えるの?

【WEBページ】
約2100ページ分(スマホ版Yahooトップページ相当)

【メール】
約10万通(300文字程度のテキストメール相当)

動画
約250分(解像度360pの動画1分2MBで計算)

【地図】
約700ページ分(東京23区内データの732KB/ページで計算)

上記のデータを参考にこれくらいの使用頻度でしたら大変お得に使えます。

格安SIMはこれだけではありませんので、他にどんなのあるのかなと興味を持った方は、格安SIMをまとめたホームページみてください。

スマホ節約術格安simでスマホ格安運用

いろんなプランをまとめたホームページです。参考にしていただければと思います。

格安SIMおすすめ記事
スマホ月額約500円サーバーマン対ワイヤレスゲートどっちがお得 
格安SIM月額1600円から。音声通話プランがお得
格安SIM高速通信一日制限プラン比較。
格安SIM高速通信1GBプラン比較 
格安SIMで音声通話のできる月額約500円スマホを作成
月1GB高速通信Wi-Fiスポット利用可能プラン比較







この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。