So-net無料ブログ作成
検索選択

格安スマホ、SIMを検討前にクレジットカードを作成しましょう。年会費無料ので充分です。 [格安SIM]

スマホ代金月額1000円からまで節約したい方は格安SIM、スマホを利用しましょう。

使い方は簡単格安スマホは本体もセットになりますので通常のスマホ契約と変わりません。
格安SIMは本体だけ機種変更で余ったスマホや今のスマホの本体を使うかネット、家電量販店で本体を購入して用意しSIMカードを本体に差し簡単な設定で完了です。

全然難しくなくスマホ代金節約出来ますよ。

今回は格安SIMを利用するために必要なおすすめクレジットカードを紹介します。

なぜクレジットカードと思われるかもしれませんが格安SIMの支払い方法はほぼクレジットカード払いとなります。

例外的にコンビニで先払いして利用できるSIMカードもありますが、月額料金が通常の格安SIMより割高になっています。

したがって、クレジットカードを持っている方、もしくは作れる方の方が選択肢の幅が広がり、より自分のスマホ使用にあった料金形態の格安SIMカードを購入する事が出来ます。

またクレジットカードは利用するだけで、現金同様に使えるポイントが付与されますので、SIMカード以外の何らかの支払いをクレジットカード払いにするだけてポイントが貯まりますし月々の携帯代が少しずつポイントに変わればそちらも節約になります。

皆さんTポイントを知ってますよね。

Tポイントは利用できる店舗でしたら現金同様に利用できます。
それと同様のポイントがクレジットカードの利用金額によりポイントがもらえると思ってください。

それと年会費無料のカードはたくさんありますので今回は2つ紹介致します。

私が一番おすすめなのは楽天カードです。

このカードは敷居がかなり低く学生でも作れるらしいです。

100円利用で1ポイント付与される還元率もお得ですし、利用ポイントが100円で200ポイント3ポイントになるキャンペーンもよくやっています。

また楽天市場で購入すると2倍になりますのでよく楽天市場を利用する方には必要不可欠なカードです。

貯まったポイントは楽天市場で利用できますので、ない物はありませんからね。
カード作成時に8000ポイントかもらえるのもお得です。(2016/8/26現在)
詳細は下記参照してください。
楽天カード


サブで利用しているカードがイオンカードです。
イオンを頻繁に利用する方はメインで利用してもいいかと思います。

還元率は200円利用で1ポイントと楽天カードより低いですが、感謝DAYに利用するとポイント2倍になりさらに5パーセントOFFになりますので、利用方法によっては楽天カードを上回る可能性があるカードです。

私はイオン銀行とセットのイオンカードを利用してます。

クレジットカードでの利用はしないで、クレジットカード払いができない時に「電子マネーWAON」を利用してポイントを貯めます。電子マネーのチャージを自動にしておけばチャージされた時にもポイントが貯まります。

こちらは5000ポイントキャンペーンやってますね。

詳細はこちら
イオンカード(WAON一体型)


ポイントを貯めるコツはできるだけ現金で支払わない事です。
電子マネーも利用してポイントが貯まる方法で支払いをしてコツコツ貯めています。

後はスマホの支払いなど生活に絶対不可欠な支払い(衣・住・食等)をカードにまとめることです。
そうすることにより無駄なくポイントが貯まり、さらに節約できます。






「ブログ応援して頂ける方はポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります」

トレンドニュース ブログランキングへ


格安SIMおすすめ記事
おすすめ格安SIM「ビックローブ」が専用アプリによりさらに使いやすさが向上
利用方法によっては最安SIMに。BB.exciteを比較します。
スマホ料金節約の格安SIM、始め方を簡単に解説します。
スマホ月額約500円サーバーマン対ワイヤレスゲートどっちがお得 
格安SIM月額1600円から。音声通話プランがお得
格安SIM高速通信一日制限プラン比較。
格安SIM高速通信1GBプラン比較 
格安SIMで音声通話のできる月額約500円スマホを作成
月1GB高速通信Wi-Fiスポット利用可能プラン比較


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。